土地名義変更で気をつけたいポイント

生前に名義変更をしておらず、土地の名義人が死亡し相続にて名義変更をする場合には色々と注意が必要です。

まず、名義人が亡くなった場合には例えば葬儀や様々なことの手配、準備で忙殺され相続に関することまでなかなか手が回らない状況があることや、相続に関して明確な分配がなされていないとき、不明なときには土地の名義変更が据え置きになってしまうケースがあるのです。

例えば土地の持ち主であった人物(祖父など)の死後、名義変更しないままその場所に住み続け、さて建て替えしよう…となった時に名義がおじいさんのままでは何もできないのです。

この場合の名義変更は相続ということになるので、もし他に兄弟がおり相続の権利がある人間が複数いたらその人たちすべてに承認をもらわねばなりません。

でも大体、こういった話は人数がいるほどこじれていくのが世の常。

また、相続人がそれぞれ遠い地にいたりすると書類を揃えたりする必要がありますからこれまた大変です。

このような事態にならないためにも、相続での土地名義変更(参考ページ:土地の名義変更情報支援)はなるべく迅速に行いたいものです。