生前の土地名義変更の選択肢・暦年課税

生前の土地名義変更、つまり生前贈与に関わる税金については前に書きました相続時精算課税制度ともう一つ、年間の基礎控除110万円の枠を利用するものがあります。

これがいわゆる「暦年課税」です。

贈与税は一年間に受け取った財産の価額を合計して計算されますがそのうち、110万円を超えない場合は課税されません。

ということは、年間110万円以内の贈与であれば申告の必要がなく、当然ながら贈与税もかかりません。

ちなみに、この一年間に受け取った財産の合計とは「一人から」受け取ったものではなくてすべての合計です。

ですからある程度の土地財産を持っていて死亡時の土地名義変更に税金が多くなる事が考えられる場合この基礎控除を利用して数年間に分けて贈与をしていく、という方法が結果的に相続税を減らす事につながります。

こちらの制度のデメリットとしては、枠が110万円なので長きにわたって「コツコツ」贈与していく必要があるということ。

なので時期を考え、計画的に行わなければなりません。