生前の場合の土地名義変更

身内間の土地名義変更の中で生前贈与は仮に土地の持ち主が亡くなった際に相続関係がうまく処理されておらず身内でもめる、といったトラブルを防いだりするなどのメリットがあります。

しかし、生前贈与での土地名義変更の最大の利点は税金の支払いを少なくする、というところでしょう。

ただし、ここは誤解をされやすいところなのですが必ずしもすべてのケースで生前贈与での土地名義変更が節税になるとは限らないのです。

相続税よりも贈与税の方が節税できるケースは夫婦間贈与、基礎控除110万円を利用する場合、そしてもう一つは、「相続時精算課税制度」を利用するという場合です。

夫婦間贈与にも相続時精算課税制度にも贈与する側の年齢制限があり、どちらも65歳以上、という取り決めがあります。

また、夫婦間贈与の場合には婚姻期間が20年以上、といった決まりもあります。